Kの嵐!

嵐の曲の意味を読み解く歌詞考察ブログ

『Fly on Friday / 櫻井翔』をゆるっと考察 [「君」と行く!キラキラ花金ソング(なお「君」は貴方のことではない模様)]

 

いらっしゃいませ!今回は『Fly on Friday』の歌詞の意味をゆるっと考察していきます!ズバリ、『Fly on Friday』は

 

f:id:hgr_otklife:20210416103846p:plain

無料写真素材なら【写真AC】

 

 

 

概要

 『Fly on Friday』は2012年10月に発売された11枚目のオリジナルアルバム『Popcorn』に収録されています。櫻井翔さんのソロ曲となっており、編曲に livetune こと kz が携わったことも話題になりました。

 

歌詞解釈

さあ行こう!

星明かりが踊る夜に君(愛車)と無限の彼方へ!

夜の街に繰り出そう!

 

月曜から続くキツい平日も 金曜が待っているならあっという間

もう窓から空を見れば、行きつけのお店の店員さんが目に浮かんでくるよ

 

あービールが飲みたい!思い出すだけで喉が渇く!

でもそんなことはまだ考えない だってあと1時間で上がりだからね

 

どんなにキツい仕事でも金曜なら捗るな さて今日は何を着て行こうかな

出かける準備が出来たら楽しい週末の始まりだ!

さあ仲間たちに会いに行こう!

 

ノリノリのミュージックをかけちゃおう!

君(愛車)の奏でる最高な音楽でお店に行こう!

行き違うヘッドライトはまるでリズムを刻んでるみたいだ

リズムに乗ればそこは夢の中!

 

さあ行こう!

星明かりが踊る夜に君(愛車)と無限の彼方へ!

車窓からミラーボールみたいに月が輝いてるよ

 

さあ行こう!

お店の灯りを浴びればワクワクが止まらなくなる

さあ夜にきらめくお店に行こう!

 

もう乾杯が止まらない!ちょっと!お前らどんだけ飲むんだよ! 

こんな素敵な夢 飲んだくらいじゃ忘れられないよ

あーあもう帰る時間? まだ帰りたくないな

こんな素敵な時間はすぐ終わっちゃう

 

さあ盛り上がろう!お酒おかわり!踊っちゃうぞ!

もっと飲もう!さあ遠慮しないで!

さあ盛り上がろう!笑顔いっぱいでもっと踊ろう!

空に響いちゃうくらい叫んじゃおうよ!

 

ヘッドライトで輝く街を抜けて 次のお店に行っちゃおう!

今日は週末なんだから明日の事なんて考えないよ

皆笑いっぱなしで ネクタイも取っちゃって 気が付いたらまた踊ってる

大好きな仲間たちで集まって この最高の夜に乾杯!

 

さあ行こう!

星明かりが踊る夜に君(愛車)と無限の彼方へ!

月の光が出ているうちはまだまだ夜は終わらない

ほら まるで魔法みたいに星空が輝いてる

こんな最高の夜をまた過ごせますように!

さあまた夜の街に繰り出そう!

 

 

考察

 タイトルと曲の雰囲気からざっくばらんに「花金ソングかな?」(※当時管理人はゴリゴリの学生)と思っていましたが、やはりそうでした。この9年は間違ってなかった。花金もとっくに死語になった2012年に花金ソングを発表する翔くん、流石です……80~90年代の残り香を吸っていたであろう幼少期に思いを馳せていたのでしょうかね……?

 この曲の主人公は会社勤めの男性*1。花金を満喫するためにせっせと仕事を片付けるところから始まります。かなり苦戦したのが「夜の魔法の使い手」と「B to da e e r」。まだ主人公は会社にいますから、花金にそわそわする気持ちで思い浮かぶのは……居酒屋の店員さんだ!楽しくなれるお酒は魔法!お酒を持ってくる店員さんは確かに魔法の使い手かもしれません。続いては謎の英語……「喉(o)も乾(a)き(e)き(e)った(r)」と軽く韻を踏んでいるっぽいので、翔くんによる造語なのでしょうか……?見たことある形になっているのは「to da」……調べてみるとこれは「to the」を表していました。じゃああとは名詞?……「B」「e e r」……「ビール」じゃないか!「to the beer」は直訳すると「ビールに行きたい」=「ビール飲みてえ!」。これなら後の「喉も乾ききった」とリンクしますね!すげー……ちなみに「B to……」と聞くと「B to B*2」や「B to C*3」が脳裏に出てきて会社員の話の説得力が増してくる気がします。

 そして気になるのが所々出てくる「君」。最初はストレートに特定の同僚や後輩とかかなと思ったんですけど、全体を見ても主人公とその他仲間たちの関係しか読み取れず……。改めて頭から情景を描写していくと……あれ。もしかして「君」ってもしかして主人公の愛車じゃね?そう来ると合点がいきます。「はじまる~」はBGMが鳴るお店の様子ではなくてノリノリの音楽をかけながら愛車で移動中の描写で、サビの「君と~」は「大好きな愛車で」ということなんだろうなと。バブル当時は高級外車でイケイケ!がステータスな時代だったというので可能性は高いかも?そうすると「交わす目と目」は車のヘッドライト同士が交差する描写なのかもしれません。

 そうなると序盤の展開と言い、この曲は花金そのものというよりも、花金を心待ちしているワクワク感と飲み屋をハシゴする時の行け行け感がメインなのかなとも思えます。目的(飲み会)も楽しいけど手段(そこに至る経緯)も楽しいよね的な……遠足前夜の小学生的テンションです。それにこの曲の時系列が真っ直ぐ続いているのなら、最後は主人公の車で二次会行ってますからね。つよい。最後の「君と僕の願い」は「また愛車(≒君)に乗って仲間たちと最高の夜が過ごせますよう」くらいの、控えめなようで花金を楽しむ人にとっては大きい願いなんだろうなと思いました。

 

 

参考サイト

Popcorn | 嵐~ARASHI~ オフィシャルサイト (j-storm.co.jp)

嵐アルバム詳細判明、櫻井ソロ曲をlivetuneがアレンジ - 音楽ナタリー (natalie.mu)

「花金」の意味とは?「華金」との違いや由来・英語についても解説 | TRANS.Biz

バブル期は車でモテた!? トレンド化した自動車ブーム3選 | くるまのニュース

 

*1:基本的にソロ曲は歌い手を主人公に当てはめて解釈しているので、この場合は会社勤めのif櫻井翔さんをイメージしてお送りします

*2:企業同士でサービスを提供するビジネスモデル

*3:企業が一般消費者にサービスを提供するビジネスモデル